玉造温泉『白石家』へ行こう⑤~~白石家~~

玉造温泉『白石家』へ到着

 

お待たせしました!

やっと到着!!
ものすごく丁寧なお出迎えにマジで感動!!!
最近ではなかなか味わえない、「一生懸命接客されてます」感!!

館内の説明もそつなく、あたたかく、癒される。

お部屋のお茶菓子は、そばの実煎餅と私の大好きな「因幡の白うさぎ」。

夕食までの明るいうちに、温泉街を散策しよう!と、ゆっくりする間もなく急いで外出!

足湯も3ヶ所あってとりあえず、足の疲れが一瞬でぶっ飛ぶね。
あ、ここの足湯、夜はダメね!!
虫除けか、動物よけか、変な周波数の高音を飛ばしてるから、足湯まで近づくことができない笑(夜限定)
気にならない人には気にならないんだろうけど、私は軽くパニックになるレベルでヤバかった!!
日本最大級の露天風呂が有名な長楽園
しかも、混浴らしい笑
ここは美肌の湯
ここの湯は激アツで、知らなかったらマジでビビるっというか、キレるレベル!!
けど、美肌効果は間違えないよ。
ツルッツルのすべすべになる💖
200円でボトルを購入して勝手に汲んで持って帰る形式。
おやしろ本舗に賽銭箱みたいなのがあるからそこにお金を投入。
吊り橋効果も、1人で渡ると意味ないね。(笑)

おしろい地蔵さま

宿から15〜20分くらい歩いたところに、やっと念願のおしろい地蔵様がおられた。
私は生まれつきの色黒で旅に出る前から、
『他はどこもいかんでいいけん、ずっとおしろい塗っとけ!』
って言われてたくらい。
ひどすぎるよね笑
っということで、自他共に認める腹まで黒い私は、一生懸命おしろい塗ってきた。
本来は、色白になるよ!っていう御利益よりも、顔にアザやシミ、キズがある人たちが、薄くなるようにって祈願しておしろいを塗るらしいよ!
ま、効果はなく、帰宅したら一発目に
『おしろいちゃんと塗ったん?』
て、言われるくらいのものよ。

見どころもたくさんあってかなり満喫できた!
というか、時間が足りず、帰り道は妊婦同伴にも関わらず駆け足で(笑)

夕食前にも一回お風呂入っときたかったのに、そんな時間は全くなし!

急いで食事会場に滑り込む。

食事もおいしくて大満足。
お肉提供のタイミングを聞かれたが、迷うことなく
「最初で」
っと答えた妹は偉かった。
「だってお腹いっぱいにらなって食べれんー。ってなったら嫌やもん!!」
って。まさにその通り。
けどまぁ、最初からお肉焼いてるのは当たり前だけど私たちしかいなかったよ。

提供してくれるスタッフの気配りが徹底されてて、突っ込みどころゼロ!
こんなの初体験よ。
だいたいが辛口家族なので、まぁそこそこいい宿でも、1つや2つがっかり点はあるんだけど、、、こんなの初体験よ。

最近食事(というか食べ物を胃にいれる)をすると、瞬間的に睡魔に襲われる私。
それに、すぐにお腹いっぱいになるから残念ながら、量が全然食べれない。

今回も食べてる途中に寝そうになって…

『お腹いっぱいなら食べんでいいけん、起きとってくれ』

と妹に言われながら、、、

気付いたら食事を開始して2時間半経っていた(笑)

完全に時空がおかしかった。

爆笑するしかない状況に包まれた。。。(笑)

食事を堪能した後はライブショー

眠気も吹っ飛ぶほどひたすら爆笑できる気合の入ったあたたかいライブショーだった。

みんなに楽しんでもらおうって気持ちをガンガン感じられる素晴らしい『白石家一座ライブショー』だった。

その後、夜の散策
明るい時とは全然違った雰囲気が味わえてかなりよかった!

浴衣と下駄でいっぱい歩いた!
そしてやっとお風呂!!!!
時間が全く足りない。

時空がおかしい。

楽しすぎた。
建物自体は新しくはないけど、本当にキレイに手入れされていて、小さなことにまで細やかな心遣いが本当にありがたい!

感動したことの1つに、
最近の私の中の常識として、古い宿にはコンセントが枕元に見あたらない。
今の時代携帯電話を枕元で充電しながら寝るのは当たり前だけど、毎回毎回不便な思いをしている。
ひどいところになると、テレビのコンセントを抜かないことには全員の携帯が充電できないじゃないか!っという宿もある。
あの有名な杉乃井ホテルでも不便な思いをした程よ。
しつこく感想を求めてくる宿には、枕元にコンセント口を増設して欲しい。と書く。
ここもそうなんだろうなー。っと思ってコンセント口を探してたら、
あー、やっぱり、、、
残念ポイントあった!!
って思ってたら、
やはり普通の予想は裏切ってくれる。
キレイに折りたたまれた、延長コードが置いてあるではないか🌠
「どうぞ、お使いください。」
と書かれている。
さすがです。
かるーく、脱帽レベル超えてます!!
すれ違うスタッフ皆様の挨拶と笑顔のあたたさかも徹底されてる。
こりゃ「楽天もじゃらんも泊まりたい宿No1の白石家」で当然の結果じゃ。

絶対また来たい!

次は島根県立しまね海洋館アクアス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。