もっとも有効なお金の使い方

お金なんていらないと本気で思った。

かつてカネの亡者だった私。
カネはあるにこしたことがない
趣味は貯金!!投資!!!
信じるものはお金だけ!

そんな私が、カネなんていらねー。と一瞬でも思ったのが自分でもほんとにビックリしている。

今の私の給料で、どんなに生活費を切り詰めても、どんなに携帯代を安くする方法を考えても、そこから生まれるお金なんてほんとに微々たるものだ。

一生節約して生活したところで、いったいどれだけのカネが貯まるというのだ。

どーせ、ほんとにカネで困ることがあったとしても、微々たる貯蓄で出来ることは限られている。
なんの足しにもならない。
自力だけではたいしたことは出来ないのだ。

そんな小さなことよりも大事なことを見つけた。

いつの日かほんとに困った時(金銭面だけではなく)に助けてくれる信頼できる仲間を増やすこと。

頼れる仲間が1人でも増えるよう、小さいお金を惜しまず努力した方がマシだと気付いた。

今まで外界との付き合いは無駄だと思っていた。
気の許せない人と食事に行くなんて、もってのほかだ。
お金も時間も無駄でしかないと思っていた。

その結果、家族以外に気の許せる人が他にいない。
そんな家族にですら気が許せない部分もたくさんある。
友達も4〜5人だ。

そうだ。私は淋しい人間だ。

カネなんて、いくらあっても「もっと、もっと!!」と欲が出る。
止まることのない欲のループから抜け出せなくなる。

そして、一度手に入れたカネは、今度はそれがなくなるのではないか。と恐怖に怯える。
カネに執着している限りは、いつまでたっても心が安らぐ時はないのだ。

カネ以外の何かがあるはずだ、、、

今日から自分を変えていく。

会いたい人には会う。
やりたいことはする。
助けたい人は助ける。

もちろん会いたい人に会うにも、やりたいことするにも、助けたい人を助けるにも、カネも大事。
けど、それだけではない。カネよりも大事なことにこの歳にしてやっと気付いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。