お七夜 ~命名式~

生後7日目『お七夜』で命名式

 

お七夜(おしちや)とは誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いである。平安時代からつづく民俗行事で、生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式である。

参考:ウィキペディア

ポンちゃん生後7日目、そんな風習があると聞いたので、さっそく。

なんてすばらしい字でしょう。

ちなみに私も書いてみた。

なんとも、勢いも個性もない字・・・。泣

この日は家族みんなが「薫」という字に思いを込めて一生懸命書きました。

みんなの笑顔が素敵すぎたので、今回もモザイクなしでお送りいたします。(笑)

ちなみに「薫」(かおる)という字にはもともと、香をたきこめる。という意味があり、それを転じて

徳の力で善に導く

 

という意味になったそうです。

本当に、本当に、立派なお名前だこと。

これから先、あなたにかかわる様々な人を、「良い方向に導ける」人になってねー!!

薫ちゃん、今日で生後12日。

毎日たくさんの人がお祝いに駆けつけてくれています。←さすが田舎!!

大安、友引には、朝から夕方まで入れ替わり立ち替わりで来客。

来る人来る人、薫ちゃんの母である妹に似てると言わず、全員が叔母である私に似てるってー!!

超ウケるんですけど(笑)

ごめんよ、薫ちゃん。。そして妹・・・

 

それにしても、ミルクってなんでこんな激マズな匂いなんでしょうか??

毎回毎回ミルク作るたびに、吐きそうになるんですけど・・・

早く、コーラ飲ませてやりたいな。もちろん赤のコカコーラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。