1泊2日で大分別府杉乃井ホテルへ行こう⑥~棚湯からの日の出と大満足朝食バイキング~

棚湯から日の出をみる

昨日夕食後、翌日の日の出時間が「07:05」と案内があったので、気にはなっていましたが、まぁ起きれたら行こうかな。ぐらいでした。

それがなぜか目覚めた時間は6:15。

日曜日の小学生並みの早さですね。

行こうか、行くまいか、棚湯までのあの遠い道のりを考えたら、かなり迷っちゃいますね。

けど、やっぱり貧乏根性。

「せっかくだから。」っていう思いが勝り、行くことに。。。

朝はさすがに空いてました。

女性は朝寝坊なのか、外国人は朝風呂の習慣がないからなのか??

ちなみに、男湯は夜より混んでいたそうです。

棚湯に浸かっていたら、ちょうど見える角度で太陽が出てきそうになっていました。

その時間に合わせてみんな来ているのか、時間が近づくにつれて棚湯も人でたくさんになってました。

あと、10分が耐えられず、私たちは出ました(笑)

部屋に戻る途中に見た、別府の日の出です。

綺麗でした。

別府湾に、別府の街に徐々に日が差してくる光景も素敵でした。

朝食

そのまま8時半くらいに朝食会場へ。

なんと!!並んでました。

受付して、順番待ち。。。

30~40人待ってましたね。

けど、7時から朝食できるから第一弾目の人がちょうど出ていく時間だったのか、次々呼ばれて、あんまり待たずに入れました。

朝食は、夕食とは違う会場で海側。

昨日の夜の会場と繋がってはいるんだけど、私はこっちの会場のが好きー

明るくて、開放的で、気持ちよかったー!!

オムレツ。

チーズ・ハム・トマト・たまねぎ(あと忘れた)。

6種類くらいの中から好きな具材選んだら、選んだ具材入れて焼いてくれます。

ちなみに私は『ハムとチーズ』

私の後ろの人は『トマト以外全部』

っと言っておりました。

朝食も豪華です。

魚も豊富です。

秋刀魚なんて1匹まるごと!!

けど、私の1番の目当ては、、、

第一位のおもち~!!

別府ではだいこんおろしとお餅っていう組み合わせがあるようです。

私は無難にきな粉もち。

うまかった~!!

2個食べました(笑)

第二位のすき焼きも、ほんっとにすっごくおいしかった。

第三位のフレンチトーストはどーでもよかったです。←おいしくない。

夕食に引き続き、まだお腹空いてない状態での朝食でしたが、かなりの量食べました。

お部屋に戻り、ダラダラすごし、11時前に貧乏性にしては珍しくゆったりめの出発!

チェックアウトはすんなり終わり、1泊2食の食べ三昧の杉乃井ホテル終了しました。

残念なことも多々ありましたが、とりあえず、料理は間違えなく最高においしいです!!

近くにあったら来ないんだろうけど、近くだったら料理だけ食べに来たい(笑)

料理以外はどーでもいいけど、今回はイルミネーションも見れてよかった!

ただ、絶対改善して欲しいことは、お部屋のコンセント。

前回泊まった時も、前々回泊まった時も、お客様の声的な紙に書いたけど、まだ改善されないのね。

テレビの後ろと、化粧台にしかコンセントがありません。

ベッドの方には一切なし!

今の時代、寝ながら携帯を充電するのが一般的でしょう。

目覚ましも携帯でかけるし、時間だって携帯で確認するんだから、ベッドの近くや布団の近くには必ずコンセント欲しいですよね。

古い建物でも、電源増設のようにお金そんなにかけられなくても、延長コードを置いて『ご自由にお使いください』と一言添えて対応されているお宿もあります。

そんなの見たときには、心があったかくなります。

結論、杉乃井ホテルは料理は絶品だけど、おもてなしのレベルはそんなたいしたことないです。

  • 日本人スタッフに温かみがないです。外国人スタッフの方が一生懸命接客してくれます。
  • フロントは無愛想です。
  • 男女同室でも、鍵は1つしかくれないです。(催促すると面倒そうにもう1本くれる)
  • 売店スタッフも無愛想です。
  • 延長コード持参必要なお宿です

このあとは、別府ロープウェイへいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。