仕事が好きで好きでたまらない変人に学ぶ

欲望のままに生きる

 

『確か、前回会ったのは11月だったからー、あけましておめでとうございます!!』

からの、怒涛の4時間が始まった。昔からの友達。

私の場合はほとんど聞く側で、近況報告から最近行った旅行の話、食べたものの話、仕事の話、いっぱいしてくれた。

この変人は、とりあえず食べることが大好きで、「おいしそう!」って思ったものは「食べたい!」らしい。

韓国のドラム缶焼肉、東京?の泉のように溢れ、流れるチーズのピザ、大阪の会員制焼き鳥やさんのたまごかけご飯(笑)

この、たまごかけご飯に関しては、写真で見て、絶対食べたい!と思い調べると「会員制」だったらしく、即電話で「会員になりたいんですけど!」という流れで、無事に食べることができたそうな。

この変人の食べ物に関する評価は『おいしい』『おいしい』『めっちゃおいしい』しかないらしい。

なぜ、『おいしい』が2回出てくるのかは、不明だけど、そうらしい。

露天風呂でゆっくりしたい!海が見たい!星が見たい!と思えば、露天風呂付客室を予約して旅にでる。

やりたいことはなんでもする。会いたい人には会う。

私が序盤感じたことは、1つ。

「こいつ、、、欲望の塊やな。。。」

けど、なぜか嫌な感じはまったくしない。なにを聞いてもいやみがないのです。

自他共に認める他人に厳しく、自分に優しい私が、これだけの強い個性を受け入れられるのは、自分でも驚き!!

むしろ、そんな生き方ありなんだなー。と関心と尊敬を感じる。

仕事が仕事という感覚じゃない

しばらく話して仕事の話になったけど、変人は仕事が好きで好きでたまらないらしい。

仕事が仕事という感覚じゃなく、好きでしているんだ。と聞いて驚き!!

「え?あなたもそうでしょ??そうだったでしょ??」

と言われ、ハッと我に返ると、確かにそうだった。

私も以前は仕事が好きで、休みなくても全然働けるし、むしろ休みない方が全て仕事を把握でき、他人に任せることなく思うがままにやり切れることと、自分がいなければまわらない。という存在価値に喜びを感じていた。

毎日ワクワクしていた。

けど、いつからか、職場では存在を消すことに意識を向け、私じゃなければならない仕事以外はしないことに決めて、ただそこにいる。

仕事にたいしてのやりがいや喜びは皆無。

そんな私とは真逆な変人は、楽しくてしょうがなく、人を癒すことによって自分が癒されているらしい。

これはまさに究極。脱帽。

私が以前感じていた「毎日ワクワクしていた」という感覚が、2~3年しか続かなかったのは、それが自分以外のもののための行動でなかったからだ。

ただただ自分の欲望実現(存在を認められたい・アピールしたい)のためだけに、突っ走っていたからすぐにエネルギー切れになってしまったのだと、今改めて思う。

変人と、私の大きな違いはそこにある気がする。

少しヒントが見えてきた。

前々から今の仕事には違和感があったので、ここでやりがいを!いきがいを!とはなかなか思わないけど、「他の何か」を求めて右往左往している状態がずっと続いていたのが、ちょっとだけ明かりで照らされたような気分。

変人と話していると堀江貴文氏の「好きなことだけして生きる」「多動力」を思い出す。

深夜12時をまわり、もう1時が近くなった頃、変人の凡人に対する怒涛の4時間トークが終了した。

爆笑と驚きの連続だった。

変人は今朝も5時に起き、それから釣りに出かけているはず・・・。

素晴らしい。

何に対してもポジティブに物事を捉える変人を尊敬する。

私も変人のように、いきいきワクワクして毎日を過ごしたい。そして、人にやさしく。

とても刺激的な4時間だった。また会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。