諦めるのはまだ早い?シャキッとキレイな体作り

グラム(重さ)からセンチ(長さ)へ視点を変える

みなさんこんにちわ。

突然ですが、ご自身の今のスタイル(体型)に満足していますか?

①すでに理想の体型を手に入れている方。

②理想の体型に向かって今まさに努力されている方。

③理想の体型はコレ!っていうイメージはあるけどまだ具体的な行動をスタートできていない方。

④そもそも体型を気にしたことがない方。

いろいろな方がいらっしゃると思います。

①②の方は、現在進行形で自己管理をしっかりできていらっしゃるのでしょう。素晴らしいですね。

では、③の方。

まさに今の私と同じです。

結構たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

私の場合、体が重たくなってきて、動きが鈍くなってきたら定期的にダイエットをしています。

その理由は「しんどい」から。

つい半年くらい前もはりきってダイエットしたんですね。

その時のダイエットの目安は体重でした。

毎日測定することをルールにして、食事(炭水化物)を減らし、納豆などのタンパク質を多く摂るように心がけていました。

期間は約1ヶ月で成果は2.5キロくらいのマイナスに落ち着き、それに満足してもう半年。

今となっては、といいますか、あれから一度も体重計に乗ってません。笑笑

甘やかしてますね。

そして昨日、久しぶりの久しぶりのに体重測ってみたら、すんごいことになってました。

戻ったどころか、超えてたー!!!!!!

若かりし頃は、お腹に肉がつくなんてことあるの?っていうくらい、上半身超華奢な体系だったのに。

それなのに今はご飯食べるとスカートが苦しくて苦しくてこっそりファスナーあけちゃいます(笑)

(下半身はもともと大きくて典型的な日本人体系でした。)

こりゃマジでヤバイ!!!!

と、なったけど、ダイエットも飽きたなー。となかなか気分が乗らない。

んー。どうしよっかなー。って考えていたら、

「よし!今回は見た目重視でいこう」と、決めました。

理由は、やっぱりキレイでいたいから。


今まで、私は

  • 「美」に対して無頓着な人。
  • 着飾らない人

で、家族や親戚、友達のなかでも有名で、いつも「もっとキレイにしたら?」「もっとオシャレしたら?」っていわれてました。

でも、そんな言葉には耳も傾けず、「自分は自分。ありのまま、ありのまま。」って、なぜかここはプラス思考で、ずっと自然体で過ごしてました(笑)

そんな私もそろそろ33歳になろうかなって今、いろいろ劣化を受け止めるのがだんだんつらくなってきたのです。

顔のたるみ・肌の張り・元気のなさ(笑)、悩みは大きい小さい様々ありますが、一番耐え難いのが、ウエスト周りについた肉と太ももにガッツリ見えるセルライト。

本当に見るに耐え難いものになってしまいました。

私くらいの年齢になると、田舎では結婚して出産をし、頑張って子育てをしている人がほとんどです。

出産してから急に体型が崩れた。子育て中はオシャレなんてできない。そんな人も中にはいると思うんだけど、出産しても体型維持、子育てしててもバッチリオシャレもするし、離婚しても新しい恋愛して再婚してる子もいる。

そんな中私は、結婚もしていない、ましてや出産も経験なしです。

「さすが、あの子は子供産んでないからスタイルいいねー。いつまでも若いねー。イキイキしてるねー!」

って、一度ぐらい近所のおばさんや友達にイヤミじみたこと、言われてみたいじゃないですか。

ということで、そしたら、スタイル良く見えるように、若々しく見えるように、やってみよう!って思ったのです。

もうだいぶ遅くなっちゃったけど、もう一回、キレイを意識してみてもいいんじゃないかな?いや、そうするべき!!と思ったのです。

やっぱり、どーでもよさげな外見をしている人より、キレイ(顔の作りではない)にしている人と一緒にいた方がなんとなく気持ちが高まるというか、そっちのほうがいいじゃないですか?

そうすることによって、関わる人も変わり、出会う人も変わってくるんじゃないのかな?と思うのです。

まだ32歳。もうすぐ33歳だけど、少しダラリとした体型を、シャキッと引き締めてハツラツとした生活へ変化してみたいと思います。

とりあえず、道具もいらないので腹筋とスクワットメインでやっていきます。また定期的にログします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。