自然の中での「ヨガ」を体験して感じたこと

瀬戸内の島でするヨガ「島ヨガ」

もともとヨガには興味があり、短い期間だったけど、通ったことがありました。

体は硬くてポーズなんて全然できないし、毎回ものすごい筋肉痛になるのが嫌だったけど、そこの先生の声が好きで、話してくれる哲学が好きで、通ってました。

日常の忙しさやその場しのぎの楽しさに追われ、だんだん遠のいてはいったものの、ずっと気になる存在ではあったヨガ。

今回、友達が遊びにくるということでテーマ「癒し」でスケジューリングしていたところ、たどり着いたのがこの「島ヨガ」です。

室内のヨガは経験あるけど、外でのヨガは初体験。

でも、ちょっと考えただけで、絶対気持ちいい!てのが簡単に想像できました。

一日のんびり癒しコース

朝10時集合で、日没の18時までのコースです。

お客さんの要望に合わせてプランニングしてくださるので「半日だけ・朝だけ・夕方だけ」とかもOKです。

内容も、私たちみたいに「のんびりしたい、癒されたい」人にはそのようにプランニングしていただけます。

集合したらすごく元気な先生と軽く自己紹介(名前程度。笑)をして、先生の車に乗り込み、ゆっくりとドライブしながら、さらに濃い自己紹介や、ヨガについてのお話などしていただけます。

前一面オーシャンビューの東屋?みたいなところで、朝のヨガをし、島に住んでいる私ですら足を踏み入れたことのない砂浜でヨガをして、また別のビーチで夕日を見ながらヨガをして。。。

繰り返し繰り返し聞こえてくるひいては打ち寄せる波の音。

肌で感じる心地よい風。

多くで聞こえる船のエンジン音。

どれもこれもすごく新鮮で、敏感に感じることができます。

もう本当にこの世の極楽か!と思うくらい癒されました。

ポーズはちょっとしんどい時もあったけど、瞑想が最高です。

悟り、開けそうになります。いや、本当です。

ひとつだけ心残りだったことは、砂浜でヨガをしたあと、「海入っていいよ~」って言われたんだけど、着替えがなくて、全身水に浸かれなかったこと。

体も心も完全に、全身に海水を欲しておりました。

けど、我慢するしかなくて、ちょっと心残りになってます。

持ち物は少ないほうが良い

これは、実際ににヨガのクラスに参加するときは、少ない荷物で行ったほうがいいよ。というわけではなく。

生活の中での話ですが、「あれもこれも欲しい」という貪欲な心。

「これは私の!これも私の!!」という我欲・執着。

そういう思いから増えてきた自分の持ち物をどんどん減らしていきましょう。ということ。

ないから得られるものってたくさんあります。

今、もうすでにたくさんたくさん持ってる持ち物のせいで、得られないものもたくさんあります。

逆もまた然り。。。なんですが、私には、こっちの生き方のほうがしっくりくるなぁと思いまして。

ヨガは生活そのものとさらっと言った先生がすごく魅力的だった。

「スマート」から「シンプル」に生き方を変える

一歩現実に戻ると、妬みや嫉妬、愚痴や怒り、毎日毎日津波のように押し寄せてくる感情をただただ押し殺して、いかにスマートに生きるか。と、頭の中でゴチャゴチャ考えてるだけで、疲れちゃうけど、

もっとシンプルに大きな宇宙の働きに身を任せるのが一番いい。

誰に聞いても、悪いものは悪いし、いいものはいい。

嘘をついたり、悪いことをしたら、気持ちがモヤモヤするけど、自分以外の誰かのためになにかいいことをした時や優しい言葉をかけてあげられたときは、自然と心が晴れ晴れとする。

これが自然なのです。

当たり前のことを当たり前にすることが難しい世の中だからこそ、当たり前のことが当たり前にできる場所・空間を少しづつでも増やしていきたい。

そして、たくさんの悩みを抱えて苦しんでいる人、気持ちばっかり焦って全く今を生きていない人へぜひとも「島ヨガ」を体験していただきたい。

海ってこんなに優しいんだよ。

空ってこんなに暖かいんだよ。

宇宙ってこーんなに広いんだよ。

って、ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

のまみづきです。 しまなみ海道のちょうど真ん中にある島に住むしまんちゅ(32) 好きなこと→説法聴聞・旅。ハマっているもの→マインドフルネス。昨日よりも今日、今日よりも明日が少しでも上向きになるよう日々努力して生きています。